about

1978年千葉生まれ。

武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒。

約9年間、総合卸売商社にて、カタログデザイン、テキスタイルデザインを担当。

現在は、紙や布、糸を使い、本の形をした作品制作を中心に活動中。


過去の主な展示

2001年 グループ展 1ダース弱展

2001年 グループ展 LOVE THE MATERIAL 2

2002~05年 グループ展 Today’s Art Texile

2002年 グループ展 Life Catalog 2

2003年 個展 峯岸佳世展 sei’s bags

2005年 第24回グラフィックアートひとつぼ展 入選

2018年 グループ展 Book Lovers


制作のルーツ

大学では、色々な素材を扱う学科で勉強し、布の織りや染めの勉強をする専攻に進みました。

専攻に分かれて初めての制作課題で、自分の作品のコンセプトを説明し、人に伝えるための手段として、本を作りました。

それが、本を作るということを意識した、最初のきっかけでした。

その後は、伝える手段としての本に興味を持ち、卒業後は、綜合卸売商社のインハウスデザイナーとして、通信販売カタログの制作に携わりました。

そこでは、商品がいかにいいものか、そして、担当者が熱意を持って伝えたいことを汲み取り、どんな写真にするか、どんなレイアウトにするか、楽しみながら考えていました。

会社以外の制作として、自分の写真と言葉を使い、季節や空気を伝える、フリーぺーパー『hibi』を制作し、ギャラリーやカフェなどに置いてもらっていました。

また、公募展に出したり、グループ展に参加したりしていました。

私は、きちんと整った紙の様や、美しく印刷された本も、とても好きですが、くしゃくしゃのシワや、いつ付いたのか分からない折り目、印刷のしみに、日々の重なりに似たものを感じます。

それぞれの人が、本と向き合い、ゆっくりとページをめくりながら、色々なことに思いをはせてくれたら、と願って、制作を続けています。